> スポーツ医・科学委員会

スポーツ医・科学委員会

スポーツ医・科学委員会とは

スポーツドクター、理学療法士、スポーツ栄養士、アスレティックトレーナー、スポーツファーマシスト(薬剤師)、大学教授(スポーツ心理学)、スポーツ行政担当者等、スポーツに関わるスペシャリストがそろっている委員会です。

ドーピング防止ホットライン
各県の薬剤師会が設置しているホットラインで、薬についての問い合わせができます。
(受付時間は、各窓口へ確認してください)。

  • スポーツドクター

    スポーツマンの健康管理、スポーツ障害、スポーツ外傷の診断、治療、予防研究やまた協議会等における医事運営ならびにチームドクターとしてのサポートにあたります。さらにスポーツ医学の研究、教育、普及活動を通して、スポーツ活動を医学的な立場からサポートします。

  • 理学療法士

    専門的な動作分析を行い、身体動作の改善をしていくことで、スポーツ選手の障害・外傷の予防や復帰をサポートします。ひとり一人の状態に合わせて的確な動作改善をしていくことで、パフォーマンスを向上させることができます。

  • スポーツ栄養士

    地域におけるスポーツ活動現場や都道府県レベルの競技者育成において、スポーツ栄養の知識を持つ専門家として、競技者の栄養・食事に関する自己管理能力を高めるための栄養教育や、食事環境の整備に関する支援等、栄養サポートを行います。

  • アスレティックトレーナー

    スポーツドクター及びコーチとの緊密な協力のもとに、競技者の健康管理、障害予防、スポーツ外傷・障害の緊急処置、アスレティックリハビリテーション及びトレーニング、コンディショニング等にあたります。

  • スポーツファーマシスト

    JADA(日本アンチ・ドーピング機構)より認定されたドーピング防止を目的とした専門の薬剤師です。

  • スポーツ心理学

    「あがり」や「不安」など、スポーツに関わる様々な課題について、心理学的側面からのアプローチにより、より充実したパフォーマンスの発揮や指導に科学的知識を提供する学問領域です。

スポーツ医・科学豆知識

2021.08.31
アンチ・ドーピングの最新情報をチェック~うっかりドーピングを防げ!~NEW

スポーツファーマシスト 長﨑大武(高知県薬剤師会・プラス薬局)

2021.07.30
全身アイソメトリック・トレーニング法 Part.Ⅱ -ゼロからのスタート-

アスレティックトレーナー 吉田 修(町田整形外科)

2021.07.28
メジャー球宴史上初“リアル二刀流”で勝利投手の大谷翔平−肘、膝、足関節、3度の手術を乗り越えて−

スポーツドクター 川上照彦(吉備国際大学)

Q&Aコーナー

みなさまからの質問に専門家がお答えしています。