公益財団法人 高知県体育協会
ホーム お問い合わせ
応援します。スポーツライフ
スポーツ情報
Sprts Information
ダウンロード
国民体育大会
スポーツ少年団
オリンピアン
体育協会表彰
高知県体育協会
Kochi Sports Association
公益財団法人 高知県体育協会の歩み

高知県体育協会の歩みを知るには、高知県体育史編集委員会の編集による高知県体育史に頼るところが大きい。高知県体育史によると高知県体育協会としての発足は大正15年9月25日で、(1)公設運動場の設置、(2)各種運動部競技会開催、(3)体育に関する調査・研究、(4)体育に関する講話・講習会開催、(5)機関紙の発行等を決議しています。その後、昭和16年に太平洋戦争が始まり、時局は緊迫し、政府による体育行政組織の改編により昭和18年に高知県体育協会は解消されています。昭和20年第2次世界大戦の終結とともに、全国的に、また高知県においてもいろいろなスポーツ大会が開催される中、高知県体育会が組織化され、民間の体育諸団体を統轄する組織として、県内外にその働きを示されました。しかしながら社会の発展とともに時代の要請に応えるように、高知県体育会は発展的に解消し、戦後それを母体とした高知県体育協会が昭和24年に再発足したと思われています。再発足した高知県体育協会は、「本会は県内アマチュア体育団体並びに賛助会員で組織し、社会体育の振興並びに学校体育の援助を図るのを目的とする。」とその目的を明確に規定しています。さらに、財団法人高知県体育協会が法人の設立許可を受けたのは昭和47年ですが、その後、数回寄附行為の改訂があり、時代の流れとともに発展を遂げるなか、平成20年に施行となった新たな公益法人制度に基づき本協会も平成24年4月1日付で公益財団法人高知県体育協会としてスタートして現在に至っています。 




公益財団法人 高知県体育協会組織図


PAGETOP